広島観光親善大使(広島)

MENU

広島観光親善大使は毎年、5月上旬ごろから募集がはじまり下旬に締切り書類審査なしで面接試験を行い7月下旬頃に行われる花火大会「広島みなと夢花火大会」の大会開始前のオープンセレモニーで事前に選出された3名と前任の3名で交代式が行われます。

広島県内の広島観光親善大使の出演するイベントでは「ひろしまフードスタジアム 冬の陣(2月)」、「フラワーフェスティバル(5月)」、「とうかさん(6月)」などがあります。任期が1年なのであっというまに交代するイメージがある。

 

国内外に広島市の魅力をPRするのが目的でオフィシャルのブログもあります。

 

けっこう難関、広島観光親善大使の交代式を見る

広島観光親善大使はなんと花火観覧の有料チケットが必要なエリア内に設置されるステージで行われる。
観覧のグレードは4種類
A:桟敷席 18,000円 6人
B:ベンチ席 8,400円 3人
C:芝生席 2,400円 1人
D:1万トンバース席 600円 1人

 

交代式はエリアC芝生席内で行われるので有料観覧(2400円)となりますが、このエリアも6つのブロックに分かれていてステージ前とは限らない。
その年によってステージの設置場所が変更になることがあるかもしれないが、おそらくステージはC芝生席のブロック3の海よりのフェンスギリギリに設置される。このフェンスギリギリというのがBベンチ席からみるとフェンス越しにステージ上の人の背中しか見えない場所になる、つまり値段的には高くてもA席、B席では見ることができないしフェンスで仕切られているし回り込んでもC席のチケットがないと係りの人によって止められ行き来できない。

 

チケットの購入
※詳しい購入方法は広島みなと夢花火大会の個人協賛者募集のページで確認して下さい。
ここでチケットの購入の仕方ですが6月の上旬に2018年からはインターネットか往復はがきで応募し抽選によって決まるようになりました。
(当日は協賛者チケット販売は行われてないので前もって入手してください。)

 

また、花火観覧だけなら無料の1万トンバースが有名ですが、こちらも2018年から有料観覧(600円)となりました。

 

帰りの状況

そして帰り道、交通機関がバスや路面電車なんですが通常は電車ならどんなに混んでいても目的地に時間どおり到着しますが路面電車は自動車の混み具合に大きく影響されるので時間がかかります。
広島観光親善大使の交代式が終わったら帰るのがおすすめと言うと怒られそうなので花火もすばらしいので見て帰りましょう。

 

自分も使ったことないのですが、どうも個人協賛者入口から一番近い高架の下の交差点あたりから高速三号線を使って広島駅まで運行する臨時バスが出ているようで、これが使えたら便利そうです。

広島観光親善大使の紹介

プロフィールは2017年7月現在

広島観光親善大使2017

広島観光親善大使2017 中上優
中上優(なかじょうゆう)  
20歳 大学生

 

広島観光親善大使2017 森田初実 GINGANEKO
森田初実(もりたはつみ)
20歳 大学生
8project所属
元GINGANEKO
広島ホームテレビ 2017年8月10日、17日放送の恋とか愛とか(仮)にヒロイン役として出演。

 

広島観光親善大使2017 三原香織
三原香織(みはらかおり)
20歳 大学生

広島観光親善大使が参加したことのあるイベント

7月広島みなと 夢 花火大会オープニングセレモニー(交代式)
9月広島オクトーバーフェスト(広島市)
10月秋の桃太郎まつり(岡山市)
10月酒まつり(東広島市)
10月広島城大菊花展・表彰式(広島市)
10月ひろしまフードフェスティバル(広島市)
11月おはら祭・パレード(鹿児島市)
11月ひろしまドリミネーション パレード・点灯式(平和大通り)
11月えひめ・まつやま産業まつり(松山市)
1月安佐動物園干支の引継ぎ式
2月 ひろしまフードスタジアム 冬の陣(広島市)
5月ひろしまフラワーフェスティバル(広島市)
6月ゆかたできん祭(さい)・とうかさん大祭(広島市)

広島観光親善大使のイベント参加の様子

2018-0101 安佐動物園干支の委任式


安佐動物園で干支の委任式のMCを勤める広島観光親善大使2017の三原香織さんです。

 

2017-0722 広島みなと夢花火大会

広島観光親善大使2017
広島最大級の花火大会で広島では宮島の花火大会も有名ですが、あっちは廿日市市なので、広島市ではこちらの花火大会が一大イベント。
そしてセレモニーでは広島観光親善大使の交代式がありました前任の3名と合わせて6人が揃うのはここだけかも。

 

ちなみに場内で注意事項などをアナウンスしてたのは2014広島観光親善大使の関本梨央さんだったRCCでレポーターなどされてるんだと思う。

 

1万トンバースなどの一般観覧席ではこのセレモニーの状況がわからないので花火を今か今かと待ちわびている状態だと思う。

 

ちなみに港に近い観覧席は有料と無料があるがいずれも入場制限があり無料観覧席はギリギリで行くと入場できない、花火なので遠くからでも見れるが近くで見たい方は早めに行動を起こすのが吉。
また、無料と有料の違いは花火の台船が正面に3つ横並びになるのが有料席で1万トンバースの無料席からだと台船がナナメに並ぶ、花火的にどっちがいいかは分からない。

 

花火は1時間弱くらいだが、始まるとあっという間に終わる。セレモニーの方が広島観光大使の交代式と浜田観光PRなどを含めると長い感じがする。

観光大使はまだの2人と広島観光親善大使の6人が並んで記念撮影。
「観光大使はまだ」も任期ぎりぎりの来場で8月には交代するらしい。

 

そして花火が終わるのを待ってたのかと思うくらいのゲリラ豪雨が襲ってきて花火でストレス発散したのに帰り道にストレスと疲労が溜まってしまうという雨オチにw