フラワークイーン(広島)

MENU

フラワークイーンはゴールデンウィークの5月3日〜5月5日の三日間に開催されるGW三大祭りの一つ広島県最大のお祭りである「ひろしまフラワーフェスティバル」のPR活動をするのが目的で毎年3名が選出されます。

1回選ばれると翌年も活動するので二年の任期となり、ひろしまフラワーフェスティバル(FF)当日はフラワークイーンが前年度の3名と今年の3名で合計6名が活動します。
フラワーフェスティバル(FF)ではオープニングや花舞台に乗って平和大通りをパレード、花の種を配ったりするステージなどに参加する予定です。

 

「ひろしまFFフラワークイーン」の「イ」は大文字が正式です。

 

ライバルのお祭りとして九州の博多どんたく5/3・5/4(二日間)と山口県岩国の米軍基地開放フレンドシップデー5/5などがあります。

 

フラワークイーン2020の募集

2021年度は募集は行わず2020年度のフラワークイーンが引き続き担当します。

募集期間
2019年11月20日(月)から募集
2020年1月31日(金)必着締切

 

応募資格
○1. 広島市および近郊の居住者で、2020年4月1日までに18歳以上になる女性
※近郊の例として過去には山口県玖珂郡和木町など他県からも応募して選出された方も居ます。
○2. 2020年5月2日の前夜祭、3、4、5日のFF当日、その他PR活動や関連行事・レッスン(平日・土日祝 15日以上)、2021年5月2日の前夜祭、と5月3、4、5日のFF当日に参加できる人
○3. 勤務先、学校の了承を得られた人

 

オフィシャルページの募集要項

 

昨年度フラワークイーン2019は86人の応募者がありました。

 

2019年度フラワークイーン選考会と決定発表まで
1次選考:2019年2月17日(日)中国新聞ビル(広島市中区土橋町7-1)
18以上の学生、会社員の応募者86人中74人が参加し審査員(昨年のフラワークイーン3人とFF実行委員)の前で自己アピールなどを行い20人を選出。

 

2次・最終選考会:2019年2月24日(日)中国放送(広島市中区基町21-3)
一次選考通過した20人が参加しスピーチや面接などで3人を決定。

 

2019年2月26日(火)に2019フラワークイーンの3名を発表。

 

歴代、フラワークイーン紹介

フラワークイーントップ【このページ】
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013

フラワークイーン2021の紹介

コロナの関係で2020年のフラワークイーンが引き続き2021年も担当します。
プロフィールは2021年4月29日現在
応募者91名の中から以下の3名が選出。

 

フラワークイーン2021 相原 咲瑠
相原 咲瑠(21)
あいはら さきる
大学生
広島市

 

フラワークイーン2021 岩佐 春花
岩佐 春花(22)
いわさ はるか
大学生
広島市

 

フラワークイーン2021 中本 愛
中本 愛(25)
なかもと あい
会社員
広島市

フラワークイーン2021イベント参加報告

2021/05/03 フラワーフェスティバル キャンドル点灯

フラワークイーン2020 フラワークイーン2021
2020年度のフラワーフェスティバルが新型コロナの影響で中止となり、フラワークイーンの活動もほぼなかったので2021年度のフラワークイーンの募集は行わずフラワークイーン2020の3人がそのままフラワークイーン2021となりました。

 

また2021年度は規模を縮小して旧市民球場で行われるステージもコロナの変異株などの影響で感染が広がり無観客となりましたので、観客が普通に観れたのは平和公園でのキャンドルの点灯だけでした。
手に持っている瓶がキャンドルで、コロナ対策でフェイスシールドをしています。

 

フラワークイーン2021 相原 咲瑠
フラワークイーン2021 岩佐 春花
フラワークイーン2021 中本 愛

 

フラワークイーン2021 相原 咲瑠
フラワークイーン2021 岩佐 春花
フラワークイーン2021 中本 愛