広島県、宮島観光親善大使

MENU

宮島観光親善大使は宮島の顔として世界遺産、宮島の魅力を県内外に宣伝したり宮島の行事へ参加、歓迎式典などで活躍したりが主な仕事です。
偶数西暦の12月に募集し奇数西暦の1月に審査で決定し3月頃に発表、任期は二年間。

歴代、宮島観光親善大使の記事

第17代宮島観光親善大使
第16代宮島観光親善大使
第15代宮島観光親善大使

 

宮島観光親善大使が参加したことのある行事

2月宮島かき祭り
3月宮島清盛まつり
5月フラワーフェスティバルパレード
9月ツーリズムEXPOジャパン(2019年度は10月24日〜で大阪開催)

宮島観光親善大使の紹介

第18代宮島観光親善大使

プロフィールは2019年3月16日現在

 

第18代宮島観光親善大使 越智美月
越智美月(21)
おち みづき
職業:会社員
趣味特技:ダンス、旅行
好きな言葉:愛と素直と笑顔

 

第18代宮島観光親善大使 森 梨香子
森 梨香子(20)
もり りかこ
職業:大学2年生
趣味特技:エレクトーン、カラーガード
好きな言葉:乗り越えたカベはいつか自分を守る盾となる。
※おそらくケツメイシの曲ライフイズビューティフルの歌詞の一部だと思われるがプロ野球広島カープの堂林選手の座右の銘もこれです。

 

第18代宮島観光親善大使 上野靖子
上野靖子(33)
うえの やすこ
職業:看護師
趣味特技:マラソン、水泳(特にバタフライ)
好きな言葉:ありがとう

宮島観光親善大使のイベント参加報告

2019/05/03 第43回 2019フラワーフェスティバル パレード

第18代 宮島観光親善大使

 

第18代 宮島観光親善大使
花車のファンファーレ号に乗ってパレードに参加しました。

 

2019/03/24 宮島清盛まつり

宮島観光親善大使
清盛公一行(大名行列、パレード)の出発前に清盛まつりの案内をしました。
司会は写真左の上野靖子さんです。

 


今年(2019)の平清盛役に選ばれたのはサンフレッチェ広島アンバサダーの森崎浩司です。
壇上に上がりコメントした後に「しゅったーつ!」の掛け声で清盛公一行(大名行列、パレード)が清盛神社に向け出発します。

 


先頭をあるくのが「春を呼ぶ清盛まつり」の垂れ幕を持つ宮島観光親善大使の森 梨香子さんと

 


越智美月さんです。

 


上野さんはどこにいったかと言うと本当の先頭になるんですが先導車に乗ってます。スピーカーを使っていろいろと案内をします。
この車で厳島神社まで行き降りて清盛公一行と一緒に神社内で参拝し外の砂浜で記念撮影して清盛神社まで行き、また参拝して終了です。

 

第18代任命式

第18代宮島観光親善大使 越智美月 森梨香子 上野靖子 決定
宮島観光親善大使の第17代と第18代の交代式と任命式が行われました。
※写真左から越智さん、森さん、上野さん。

 

任命式後の初仕事(デビュー)は公式には清盛まつり(2019/03/24)となっていますが、上野さんと森さんについては2019/03/18(月)のJR宮島口駅での豪華寝台列車瑞風のお出迎えイベントが初仕事です。

宮島観光親善大使のネット関連情報

宮島観光協会
宮島観光協会のFacebook

宮島観光ガイド

日本三景のひとつ安芸の宮島(厳島)は世界でも行ってみたい観光地上位につねに入る人気の観光地です。

宮島の行き方

宮島は広島県廿日市市にあります。
広島駅からJR山陽本線で宮島口まで28分。
JR宮島口駅から徒歩三分でフェリーのりばに行きフェリーで10分ほどで宮島に渡れます。
宮島桟橋(フェリーのりば)から徒歩10分で大鳥居、厳島神社などを見ることができます。
また厳島神社から徒歩7分で宮島水族館(みやじマリン)に行けます。

 

東京からは羽田→岩国錦帯橋空港(山口県岩国市)→バスかタクシーでJR岩国駅→山陽本線上り(広島方面)→JR宮島口駅→宮島フェリーに行くのがもっとも速い空からのルートです。

 

宮島観光
宮島は電線などが無く、見える風景がすべて綺麗に見えます。
満潮時は海に浮かぶように見える神社や大鳥居は絶景です。
干潮時には大鳥居まで歩いて行けるのですが人間と大鳥居を比較するとそのスケールの大きさに驚きます。

 

夏の一大イベント 宮島水中花火大会
8月の中旬〜下旬に開催される花火大会で水上で炸裂する一尺玉の迫力と多さに驚く。
宮島最大の混雑日となるので観光で来る場合は花火大会を挟んでホテルに宿泊するのをオススメしますがホテル予約も一年前にする方も多く宿争いも厳しいかもしれません。

 

超おすすめコース
電車ならJR前空駅から安芸グランドホテル方面に歩き広島カープの大野寮の隣に大鳥居を見て宮島に渡れる定期便が一時間に一本程度で料金が1500円程度で出航しているのですが満潮時は大鳥居に最接近してくれ海からの厳島神社を眺めることができます。車の場合は駐車場もあるので便利です。

 

広島市西区観音新町にあるマリーナホップからも宮島行きの船があります。マリーナホップのマリホ水族館と宮島水族館をハシゴする、さかなクンなら大喜びしそうなコース。

 

原爆ドーム近くから宮島行きの船があります。世界遺産二箇所を最短で観光できるコース。

 

ロープウェイ
宮島の紅葉谷を登っていくとロープウェイがあり2種類のロープウェイを乗り継ぎ弥山(みせん)の山頂付近まで行ける。
四国側の展望はここから見れるが本州側の展望は30分ほどの登山で頂上の展望台まで行く必要があるため体力に自信の無い方は暑い時期などは避けたほうが良い。
また展望台までの途中に霊火堂にある1200年間消えていないとされる「消えずの火」があるが、飲み物が買えるのはここまでで、ここ以上登るなら飲み物は買って行く必要があります。
暑い時期は霊火堂付近の自動販売機の飲み物がすべて売り切れも予想されるのでロープウェイの駅で買っておいたほうが良いと思います。

 

まめ知識
大鳥居の真ん中の社号額には海側から見ると厳島神社とかかれているが神社側から見ると伊都岐島神社とかかれていて、これは「神の居つく島」が後に厳島となったようです。
また、海の中の鳥居は宮島にはもう1個あり宮島桟橋(フェリーのりば)から通常は右に歩いて厳島神社に行きますが、逆に左に歩いて300mくらいに長浜神社があり小さいながら海の中に鳥居がある。
厳島神社以外にも神社が砂浜や海岸付近に5ヵ所以上ある、おそらく厳島の島自体を神として神聖な場所と考えたことから神の一部に建築するのは無礼だと考えたため宮島の多くの神社が海に建設されたのではないかと思います。
(厳島神社以外の神社はとても小さい規模のものあり祠と言った方がイメージには合うかもしれません。)

 

手つかずの自然と恵
また広島の牡蠣は有名ですが、貝というのは山を整備しないと育たない生き物で、宮島の山(弥山・みせん)は標高535mほどあり、この山の一部を含めた地域がユネスコの世界遺産として登録されていることもあり手付かずの原生林の育つ自然となり多くの栄養を海へと運ぶため宮島の牡蠣は絶品であると考えられる。

 

狙ってみたい写真
大鳥居や厳島神社と鹿を一緒のフレームに収められると良い写真になります。

 

宮島の歴史的建造物

・厳島神社(世界遺産)
・大聖院
・大願寺
・千畳閣

 

食べ物

・牡蠣
・あなご飯
・揚げもみじ(もみじ饅頭を揚げたもの)

 

まぎらわしい食べ物

・かき氷→てっきり牡蠣氷だと思ったら普通の氷にシロップかけるかき氷だった。この際、ホントに作ってみるのも面白いかもしれない。

 

おみやげ

・もみじ饅頭
・生もみじ

 

動物・生物

・野生の鹿(シカ)
沢山います。
食べ物の入ったビニール袋をもっていると奪われます。
宮島にいくと毎回三回くらいは奪われるのを目にします。
ベビーカーに食べ物の入ってそうなコンビニ袋を吊るすと奪おうとして、ひっくり返すほどの力があり赤ちゃんが大変危険です。
シカの被害についてはすべて自己責任です。

 

・サル
宮島ロープウェイで山を登った先にいるらしい。フェリーの桟橋から厳島神社のあたりでは1回も見たことは無いロープウェイで登ってみてもサルに関するカンバンがあるだけで見る事はできなかった。

 

・宮島トンボ
大変めずらしいトンボで見ることはほとんど無いそうなので観光目的なら別を回りましょう。

 

・シオマネキ
厳島神社の境内から干潮時に下をみると発見できる。
広島の浜では見たことがなかった、ここでは生息を確認できたが寒い時期は見当たらない。